はちにっき

日記だよ。ブログだもの。

はちにっき width=

頑張らなくていい部分と努力をしたほうがいい部分の判断基準。

どうにもならない部分というか、別に「普通」とか「良いとされてること」とかの通りにしなくてもいいかなーってことと、そのままじゃなくて変える努力をした方がいいなーってことの違いってなんだろ。判断基準。

世の中の基準や誰かの基準じゃなくて、自分の感覚としてどうしたいかなんだろうけども。

 

自分の好きなようにするっていうのはそのとおりなんだけど、それは単に自分中心に好き勝手やるっていうものとは少し違くて。

そんな風に自分中心に好き勝手にやってるとそんな自分が嫌になるから正解ではないんだと思う。

 

だからといって周りにいてくれる人がどう思うかを思いやってうんたらかんたらと綺麗な心や思考には行き着かない。

いつも誰かを意識して考えながら行動している人はすごい。

少しこわい。

 

 

要はバランスで、自分がやりたいようにやってそれが同時に誰かにとってもプラスになるくらいがちょうどいい。

ずっと誰かを意識して行動するなんて息切れして長くは続かない。

 

で、話戻って「じゃあ努力をする部分はどこから?」

自分の好きにやって、自分の勝手さに嫌気が差すのはどういうとき?どんな自分でいることが嫌?

 

 

明るくなくてもいい。ネガティブでもいい。思考が歪んでるのもまぁいいっちゃいい。疲れやすくて人と長くいられないのも仕方ない。

でも愚痴っぽいのは嫌だな。集中できなくなって話が聞けなくなっちゃうのも嫌だな。ひとりになりたいって言えずにでも態度に出しちゃうのも嫌。

 

書き出してたらわかったけど、表に出しちゃうのが嫌なんだ。後になってから後悔するのはそこなんだ。

それなら努力すべき部分はわかる。

自分は自分のままでいいけど、どう表に出すか、を考える。

 

なんでもそのままを出すことが誠実だと思っていたこともあるけど、そんなことはないね。

同じ事柄を伝えるにしても伝え方ややり方って大事だ。