はちにっき

日記だよ。ブログだもの。

はちにっき width=

「共感」が自然とは出来ないから形から入ってみた結果、わけがわからなくなってしまった

共感が自然とできない人間にとって、「共感をする」って「相手になにを求められているかを探し当てるクイズ」みたいな感覚。

 

社会の中でやっていくためにはそういうものも必要だってことはわかった。

人の気持ちに寄り添う、って人付き合いの中で大事なこと、

であってるよね。

 

でも身近な人が相手でも「相手になにを求められているかを探し当てるクイズ」は必要なのかな。

 

求められてるであろう言葉や対応をするべきなのか。

家族であろうと恋人であろうと友達であろうと他人は他人、ってなるとプライベートだろうとなんだろうと人との関わりの中では必要なもの、なのかー…?

 

考えれば考えるほどよくわからなくなる。

 

そうやって作った人間関係の意味ってなんなんだろう。

求められてるだろうからそれに応えるだけって。

そりゃその場では喜んではもらえるんだろうけど、それでいいのか。

 

でも、じゃあ「こうしてほしいんだろうな」ってものに気づいていながらそれを無視をするのもどうなんだろう。

それもモヤモヤする。

モヤモヤしながらも、そうやって無視だってしてきた。

優しくなんてなれない。

 

どこで折り合いをつけるものなの。

 

スポンサーリンク