はちにっき

日記だよ。ブログだもの。

はちにっき width=

10年前と何も変わっちゃいない。

10年前、大学生時代である。

学生にありがちなハイテンションではなくどちらかというと落ち着いた?雰囲気のメンバーが多い部活に所属していた。

落ち着いたというか、明るいローテンションというか、改めて考えてみたらよくわからないな。

ノリは悪くない、普段のんびりしているわりにフットワークは軽く行動力があった。

みんな変わった子が多かったけど居心地が良かった。

 

 

授業の空き時間には時間を潰すために自然と部室に集まってのんびりし、放課後も部活がないときは料理会と称して一人暮らしをしている子の家に集まって一人一品料理をしてみんなでご飯を食べていた。

集まったからといって特別なことはしないんだけど、さりげなく結構一緒にいることが多かった。

部活は40人くらい所属していて、いつもそのあたりによくいたのは15人くらい。

一緒の空間にいて話すときもあるし、話さないことだってあった。

そんな距離感の関係性。

 

 

卒業して10年。

まさか10年後もなにも変わらないとは正直思ってなかった。

ゆるいゆるい関係性だからすーっと消えていってしまうものなのかなってぼんやり思っていた。

それがまぁ年に2回くらいのペースでしっかり繋がりは続いてる。

 

どこからか、そろそろ集まりましょうー、と声が掛かり、その日来られる人だけが集まって誰かの家で10年前と変わらぬような料理会が行われる。

みんなでスーパーで買出しをして、ご飯を作って食べて、お酒飲んで、それぞれ勝手に漫画を読み、昼寝をし、ゲームを始める。

 

久しぶりに会ったからといってひたすら近況を話すということにあまりならない。

話していても昨日も一昨日も会っていたような、特別感のない会話ばかりしてる。

10年前と変わらない、ただ一緒の空間にいて、一緒にのんびり過ごす。

なんでこんなにも変わらないのか不思議。

 

 

人と会うことで何かを得る、みたいなものとは無縁。

人付き合いに意味を求めるならこの関係は無意味だけど、無意味な関係はリラックスできる。

この時間は難しいことを考えずに一緒にいられる。

たまにはそんな関係性もいいもの。

 

 

 

スポンサーリンク