はちにっき

日記だよ。ブログだもの。

はちにっき width=

「趣味」とか「友達」というワードが苦手。言いきる自信がない。

「趣味」とか「友達」というワードが苦手。

 

「趣味」って言っちゃったら、ある程度熱を注いでないといけないとか、その分野に詳しくないといけないとか、そんな決まりはないんだけどそんな気分になってしまう。

だから言いたくない。

いつ、もういいやー、ってなっちゃうかわからないから。

 

「友達」もそう。

たぶん考えすぎなんだけど、友達という言葉を使ってしまうと、深く関わることを思ってしまう。

深く関わること自体には良い悪いもないんだけど。

ただそうやって勝手に作った考え方のせいで、深くは関わらないといけないという億劫さが生じる。

それが出来ないかもしれないと少し思うと、少しだった億劫さが段々と大きくなって極端に距離を置きたくなってしまう。

きっと世で言う友達なんてその時楽しく一緒に過ごせる人、くらいなニュアンスでいいんだろうけど。

 

勝手にハードルを作って、勝手に判断を下して、勝手に離れる。

「あっさり人を切るよね」「一歩引いて少し離れたところから見ようとするよね」と言われたけど、それは当たりだと思う。

程よい距離を見つけるのも保つのも苦手。

 

一緒に出かける人や遊ぶ人はたくさんいる方だと思う。

楽しい時間を共有できる。

ただそれを友達と呼んでいいのか。

 

人と話す時や文章を書くときは利便性から友達という言葉は使うけれど。

それとはまた別で。

 

そうやって考え込んでいると、誰も友達と呼ぶことができなくなる。

 

そのくせ誰かがわたしを友達と呼んでくれると嬉しくなってる。

なんなのこれ、めんどくさいねわたし。

 

 

 

スポンサーリンク